HOME>トピックス>地方活性化と空き家の有効活用で一石二鳥を目指す

人口減少を逆手に

東京一極集中が課題となっていますが、地方の活性化はどの自治体にとっても重要課題です。都会に憧れを持つ若者は多い一方で、田舎暮らしに憧れを持つ若者やシニアが増えています。もし誰も住んでいない物件を持っているのであれば、第三者に貸すことで物件管理と副収入という二つのメリットがあります。家を貸すことに抵抗を感じる方もいますが、不動産管理会社が間に入ってくれるので安心です。田畑があれば更にニーズが高まりますし、すぐに借り主が決まると言われています。リフォームやリノベーション関しては、業者に全て任せておけばOKです。地方が元気になるきっかけですし、積極的に家を貸してみてはどうでしょうか。

農業振興に繋がる

農業の後継者不足が深刻化していますが、若者の中には後継者になりたいと願うケースも増えています。大規模農家が家を貸すことで、移住を希望する若者が決断し易くなります。格安の物件も増えていますし、やりがいを感じられる環境です。

不動産サイトの活用

現在、インターネット上にはたくさんの不動産仲介サイトがあります。家を貸す人と借りたい人を繋いでくれますし、トラブルになった際にも安心感があります。宅建士が在籍しているので、法律に詳しくなくても問題はありません。

広告募集中