人によって目的が違う

男女

リロケーションとは、自宅を一定期間だけ貸し出すことです。自宅を一定期間だけ貸し出すのは抵抗がある人もいるかもしれませんが、長期間自宅を空ける場合には、リロケーションを利用することにより様々なメリットがあります。まずメリットとして挙げられるのが家賃収入です。自宅を貸し出すだけで家賃収入を得ることができるのが大きな魅力です。長期間家を空き家にしてしまうと建物が傷みやすくなります。これは長期間締めきった状態にすることで、湿気がこもって木材が傷みやすくなることが原因です。また、湿気によってダニやカビが発生する原因ともなります。防犯対策として利用する人もいます。空き家だと分かっていれば、時間をかけて侵入することも可能になるために空き巣被害に遭いやすいです。貴重品がなくても、窓が割られる、室内が荒らされるなどの被害を受けてしまいます。そんな被害もリロケーションを利用することにより避けることが可能です。

一般管理契約とは

住宅模型

リロケーションの賃貸借契約には、物件を所有している人が入居者と直接契約するケースもあれば、管理会社を代理人として契約する一般管理契約、管理会社と賃貸借契約を結んでから、入居者と管理会社が賃貸契約を結ぶ一括借上管理のやり方もあります。所有者が直接契約するとなると審査や契約に手間がかかってしまうこともあり、通常は一般管理契約や一括借上管理の方法によってリロケーションをします。一般管理契約では、所有者の意向によって賃料の設定を決めることができます。敷金や礼金などの収入も得やすいので早い段階で考えていた収入を得ることも可能です。ただ、あくまでも契約は所有者と入居者が直接結ぶため、入居者が原因で発生したトラブルなどは所有者がリスクを負う事にもなります。入居者が退去すれば、原状回復も所有者がする必要があります。設備が故障した場合には所有者が修繕費を負担するということです。

一括借上管理契約とは

住宅模型

一括借上契約では、物件の所有者と管理会社が契約し、管理会社がすべての管理をしてくれます。そのため、一般管理契約でのデメリットは一切ないと言っても良いでしょう。物件を管理会社に任せておけば、入居者の募集から、入居者が起こしたトラブルの対応など全てのことを管理会社がしてくれます。面倒な手続きなどはしたくない人には最適な方法です。ただ、契約では所有者に裁量権がほとんどありません。管理会社が物件の老朽化を理由に賃料を下げるケースも多く、考えていたような収入を得られないケースもあります。リロケーションで考えているような収益を得たいと考えている人は、一括借上契約よりも、自分の裁量によって色々決めることができる一般契約の方が収益を得やすいです。

広告募集中